福祉サービスは画一的ではなく、地域によって差があります

 福祉サービスは全国画一的に整備されているのではなく、地域にサービスの有無、種類、進展は様々です。特に、都会ほど進展している傾向にあります。その理由として、そういった支援ニーズを持っている人が多いだけでなく、田舎より明るみに出ていること、それに対応する財力と人材があることなどが挙げられます。そのため、都会の方が様々なサービスが受けられることが言えます。また、都会の方がその市区町村独自の事業を展開していることも多いです。 また、福祉サービスは行政だけによって決められ、展開している訳ではありません。各地域の社協などが独自に企画・展開して受けられるサービスもあります。また、ボランティアによる支援もあります。このように、フォーマルだけでなく、インフォーマルな支援を含めての福祉サービスとなっております。そえゆえに高齢者や障害者、児童などの分野も含め、サービス内容や充実性には地域差が出やすいことがいえます。