国家が行う福祉行政の役割

国家が福祉政策を行うことは、国民生活を安定させるという点で、とても大切なことです。どんな人においても、病気を患うことや、怪我をすることや、災害に遭遇する可能性はあります。あるいは、人間が生命を完全にコントロール出来るわけではありません。生命を完全にコントロール出来ないということは、先天的な異常を持って生まれてくることもあります。そうした可能性に対して、国家が何も保証しなければ、国民の生活は安定感を欠くものになるのです。しかし、そうした可能性に対して、国家が保証してくれれば、国民は安心して生活することが可能です。また、日本は地域によって、抱えている事情が異なります。例えば、東京一極集中という言葉があるように、都心部は財政的に豊かであることが多くなります。反対に地方都市のなかには、財政的に豊かでないところが増えてきているのです。そうした地域間のバランスを、国家が行う福祉行政が取り持つことで、国民の生活は安定するのです。