福祉における地域格差に対して

2025年、団塊の世代が75歳を迎える年、介護を要する高齢者の急増が問題視されています。その対応に向け、すでに準備が始まっており、福祉領域も例外ではありません。福祉サービス事業所の数が多く、比較的満遍なくサービスを提供できる都市部でも、十分なサービス提供が困難と言われており、ましてや郡部になるほど、高齢者の割合が増え、また福祉サービスの貧困化が進んでいます。介護を受けたくても受けられない方々が多く存在するのが、比較的田舎に属する方々になります。それを解消するため、今は買い物へ行けない高齢者の方々に移動販売する会社なども出現していますが、まだまだ足りていないのが現状です。各地域の行政機関も現在早急に対応策を考えていますが、もはや行政ばかりに頼っていては間に合わない部分も出てきています。これからは自分たちの生活は自分たちで守る。そういった考え方も必要とされています。高齢者の問題は各地区で多種多様です。地域で暮らしている住民全員でこの問題を真剣に捉え、自分たちの地域はどうすれば安心して暮らせるかを考え、各地区特有の対応策が求められる時代に来ています。みんなで知恵を出し合い、力を合わせてこれからの社会を築いていく。そういった互助の考え方を強化していくことで、安心して暮らせる生活を築くことができるのです。